shun_skのつぶやき

パソコンなどデジモノ関係の話をゆる~く書いていきます

ヨドバシ.comのエクストリームな早さに驚いた話

あけましておめでとうございます。

どうにも筆不精というか、ブログをコツコツと書いていくのは性に合わないような感じがします。。。毎日たくさん発信できている方々は凄いなぁと思いますホント。

さて、気になるネタがあったので不定期でも書いていきたいと思うのですが…

 

 

以前購入したブラザーの複合機、買ったら買ったでそれなりに印刷するようになりました。ネット予約の結果とか地図とか、そんなのが多かった気がします。

すると、いつの間にか黒のインクだけ切れかけていて、買いに行っても良かったんだけどついヨドバシ.comで注文してしまいました。深夜3時に。

一応東京23区内に住んでいて、ヨドバシエクストリームサービス便の対象地域なんですね。それで、どれぐらいで届くのかと期待しながら眠りについたのですが...

 

 

なんと、出荷メールが来ていたのが朝5時12分。そして、"お届け予定 9時03分頃"とえらいピンポイントなメールが来ていたのが8時28分。

※この時完全に夢の中だったので、配達員さんが来た時のチャイムで目が覚めました。

飛び起きて無事商品を受け取って、その後パソコンでメールを開くと、"8時56分頃 お渡ししました"とご丁寧な配達完了メールまで届いてました。

 

 

インク2個を深夜に注文して、約6時間で届けてくれるエクストリームさに脱帽です。。。

一応自社で物流網構築しているらしいけど、送料無料でこれだけのサービスをやっていけるのかはちょっと心配ではありますが。

書きそびれたけど、実は昨年秋の引っ越しと同時にテレビと冷蔵庫をヨドバシAkibaで新調しています。陰ながら応援したいと思ってます、ヨドバシカメラ

 

brother インクカートリッジ (ブラック) LC211BK

brother プリンター A4 インクジェット複合機 PRIVIO DCP-J963N-B ブラック 両面印刷/有線・無線LAN/レーベル印刷/ADF

今からPythonと統計学を学ぶしかないか

最近完全にサボってました。

元々たいして記事も書いてなかったけども。。。

 

実は今年の夏頃、前の職場に色々限界を感じて転職活動をしておったのです。

無事転職も決まり、今は都内某所で相変わらずソフト屋さんをやっております。

 

 

 

ただ、前のように組み込みソフト屋さんではなく、ビッグデータの解析というか、今風に言えばデータサイエンティスト的な事をやらないといけないのです。

何でこんな職場に通ってしまったんだろうか。。。

 

一応理系のくせに数学は苦手意識が強かった人間なので、統計学とか改めて勉強しようと思って本をいくつか買ってきました。あとPythonの本も。新しい職場では、ここら辺はやっぱりPython使ってるのね~

Excelで学ぶやさしい統計学

分布からはじめる確率・統計入門

完全独習 統計学入門

科学技術計算のためのPython入門 ――開発基礎、必須ライブラリ、高速化

 

とりあえず買ってきたばかりでまだ読んでいないので、まあ有益な情報があれば備忘録も兼ねてちょこちょこ記事を書いてみようかなと思いつつ。。。

本積みっぱなしにならない事を祈って。

ZenPadを買う前に気を付けたい事

新しいの出ましたね~、ZenPad。

av.watch.impress.co.jp

それでいきなり結論から言うと、

「しれっと新製品ぽく一緒に並んでるけどZenPad C 7.0は旧型じゃん!」

という事。

 

 

 

実は最近毎週のように東京に行っております。半分は遊びだったり、半分はセミナーに参加してみたり、まぁ色々です。。。

 

それで先週末の土日、時間があったのでアキバをウロウロして、AndroidWindowsタブレットの安くて小さいのないかな~と思って物色してました。別に性能とかは求めないから、たまに移動時間とかに電子書籍とかPDF読もうかなとか、まあそんな動機です。(ちなみに読みたいのは「みんなのPython Webアプリ編」だったり。Web版ではなくオフラインで読めるPDF版が良かった)

 

そして、ヨドバシにてZenPadシリーズを眺めていて、C 7.0か8.0かで迷った。値段も近いし、このどっちかにしようと思った。色々悩んだ結果、片手でさっと取り出して左手で持つのが苦にならないC 7.0を買ったんだけど、これ去年の法人向けモデルを出し直しただけのようですね・・・。

気付かなかった自分が悪いと言われればそれまでだけど、こういう売り方はちょっとモヤモヤするものがあるなー。いかにも新製品ですって感じで店のポップとかもついてるし。。。C 7.0にあと2000円ぐらい乗せれば8.0買えちゃうわけで。

 

ただ、上で書いたように性能は求めてないし、ゲームもやるつもりは今のところない。

画面もIPS液晶のせいか発色がキレイだと思ったし、指紋も付きにくくて良かった。少し店頭で試しただけだけどレスポンスも実用レベルだと思った。

調べるまで旧型だと気付かないぐらい、C 7.0と8.0でまず目に見えて違いを感じたのはスペックや画面では無く手に持った時のサイズ感だったのだ。

 

だから、割り切って使うサイズ重視の人はC 7.0でも良いと思います。価格.comなんかを見ても、7インチのAndroidタブレットで、そこそこちゃんとしたメーカーだったら最安クラスのようだし。スペックを求める人は8.0にするか、もっと奮発したほうが無難な気がします。

(こうでも書いて自分を納得させて悔しさを紛らわせているのはナイショ笑)

 

ちなみにZenPad C 7.0のケースは、カバータイプのは微妙そうだったんでスリップインタイプにしました。縦はOK、横は気持ちケースが大きい感じだけど、カバンの中にポイっと放り込むのにはなかなか良さげな感じです。

サンワサプライ タブレットスリップインケース PDA-TABS7

 

 

 

参考:法人向けモデルを一般販売するハナシ

ASUS ジャパン、企業法人向け7インチタブレット「ZenPad C 7.0 (Z170C)」登場、7月8日より17,800円で一般販売開始(更新) | GPad

My Yahoo!終了に気づいてしまった

My Yahoo! 終了するんだ…気づいてなかった

http://blogs.yahoo.co.jp/my_staff_blog/folder/1690048.html

 

いや何が困るかっていうと、チマチマやっていた投資を"ポートフォリオ"でサッと値段確認したり損益計算できるのを重宝してたもので。

 

まあ普段組み込みばっかりやってるんで、これを機にRubyだかPythonだかでツール自作してみるのもイイのかもしんない。。。

夜なべしてWWDC2016のLive配信を見て

寝坊しかけました・・・ハイ

厳密には数分遅刻してるんだけど、バレずに済んだので結果オーライ(笑)

 

ちなみに何だかんだで初めてHLSによるLive配信を見たけど、途切れる事もなくずっとスムーズに視聴できておぉーってなってました。

なおWindows環境だとWindows10+Edgeが必要らしく、例のX205TAで視聴してました。バッテリーも全然余裕。イイネ!

 

 

 

何かLive配信の声が小さかったからイヤホンをつけて、2時間近く外人のプレゼンを聞き続けていると、何か英語が聞き取れるような気がして来るから不思議。

ていうか、やっぱりAppleさんはプレゼンも凄い考えられているなぁと素人ながらに感じた。あとクレイグ・フェデリギ氏のプレゼンは見ていて面白かった。あのユーモラスさはどこから出てくるんだろう。自分も参考にしたいもんです。

 

あと、これまでPCはWindowsLinuxばっかりで、実はMacはあまり触れていない。最近MacBook Proでも買ってみようかと思っているけど、高くてなかなか手が出せず…泣

新型MacBook Proの登場も噂されてるけど、これもいつ出るのやら。値下がりとかしたら現行型でもアリかな??

ただ、買って何をやるかはまだ考えてない。ホコリ被りそうで怖いなぁ~

Swiftを勉強しながらアプリでも作ってみようか。。。

 

 

 

あー眠い。そんな一日でした。。。

C言語ばかりやってた組み込み屋がC++を学ぶ

タイトル通り、C言語で組み込み開発をやって5年ほどになる。

「未だにC?!」と思われるかも知れないが、

  • 性能の低いマイコンを使うので、軽さは大事。この間使ったマイコンはクロック16MHz (!)なんてモノも有り。。。
  • 開発費を抑える事が鉄則なので、新規機能以外は基本的に過去のソースを流用する事になる。(勿論、既に動いているモジュールをいじって変にバグを出さない為というのもある)
  • プロジェクトとコンパイラC++対応はしてあるが、上記の理由でなかなかCから移行が進まない。拡張子だけ.cppで、中身はまんまCなんてザラ。一部分だけC++になってたり。

 あたりが大きいかと。いやはやCは偉大です(笑)

 

なので、随分昔の人が書いたCソースをチマチマ変更したり、もう前任者が居ない中「ワカンネー」と言いつつバグ修正している…というのが会社の現状。他社さんはワカリマセン。。。笑

 

 

しかし最近では、ARM & Linux & C++なんかで開発をやるようになって来た。元々情報専攻では無かったし、熱心にプログラミングを勉強していた訳でも無かったので、C++をちょっと勉強した方が良い気がしてこの数か月で色々と書籍を読んでみた。

 

定番かと思われた独習C++が意外ととっつきにくい感じがしたので、

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

C++クラスと継承完全制覇 (標準プログラマーズライブラリ)

独習デザインパターンC++

あたりを読みながらネットで補う、という感じでやってたら徐々に飲み込めてきた感じがする。デザインパターンの本が入っているのは、仕事でいくつかのパターンを使ったソースを読む必要があった為。

 

 

「CはわかるんだけどC++に移行するにはどうしたらいいの」

という本ってあまり多くない気がするのは気のせいだろうか。。。

会社の人からは

組込み現場の「C++」プログラミング 明日から使える徹底入門

を薦められたので次に読んでみよう。

低価格複合機を衝動買い

最近月一ぐらいのペースになってるけど更新。。。

 

 

 

実は数年前、学生の頃から使っていた複合機が故障した時、新しく買い替えなかった。理由は、昔ほど紙媒体に印刷する必要性を感じなくなったのと(年賀状もサボってたし)、どうしても印刷が必要な時はコンビニ等で何とかなっていたからだ。

 

ただ、最近自己啓発も兼ねて少しでも専門書を読むようにしているのだが、良い内容があったらスキャナ+OneNoteでまとめたいと思っていたので、どちらかというとスキャナ目当てで複合機を探していた。勿論、なるべく低価格なヤツで。

(OneNote以外にいいツールあったら教えて下さい。。。やっぱEvernoteとかなんだろうか)

 

 

 

それで仕事帰りに某電器屋で物色してみると、最近は複合機も低価格化が進んでいてなかなか凄い事になっている。

まあ全体的にやはりCanonEPSONが2強といった感じで、あとHPとBrotherがチョコチョコと置いてあったが、予算1万円でも各社とも色々選択肢がある。

 

それぞれ一長一短はあると思うが、目に留まったのがBrotherのDCP-J963N。

ポイントとしては、同価格帯の機種の中で

・サイズがうちの環境にピッタリ(HPは高さは低いが、縦横が長過ぎた)

・印刷速度が速い

・印刷コストが安い方(某2社は相変わらずインク割高っぽい...)

・USBやスマホからダイレクト印刷、レーベル印刷、スキャナの自動原稿送り等、同価格帯の中では多機能

など。

それで、この値段なら最悪諦めもつくかと思い衝動買いしてお持ち帰り!!

 

 

 

説明書を読みながらセットアップし、若干わかりづらい所も有った気がするけど大きなトラブルも無く設置終了。

 適当に試し刷りや、スキャンを行ってみたが、ガチでクオリティを求めるような使い方でなければ、価格を考えると十分お釣りが来るのではないかと思う。

なお年賀状はやっぱり作らない可能性大だなぁ・・・(笑)